芸能ちゃんぷる~

日々の芸能関連ニュースに一言物申す!

政治家

小西議員の頭おかしい自衛隊員への発言の真相!国民の敵で間違いなし!

投稿日:

どうもケンジです!

本日は小西議員こと民進党の小西洋之氏について書いていこうと思いますよ。

先日現職自衛官から国会前の路上で「お前は国民の敵だ!」と繰り返し罵られたと発言した小西議員ですが、過去にtwitterにてかなりヤバい発言をしていたと話題になっています。

ネット上では「頭おかしい」などと散々言われまくっておりますが一体何があったのでしょうか。

騒動の内容や発言をまとめてみました。

スポンサーリンク

事の経緯は?

まずそもそもの発端は2018年4月16日に小西議員が現役自衛官を名乗る男性から国会前の路上にて「お前は国民の敵だ!」という発言をされ、繰り返し罵られたという騒動ですよね。

実際にはその自衛官は「国民の敵」という発言はしていなかったと主張しているようですが、「国益を損なう」「ばか」などの発言はしたとのことです。

それに対して小西議員は警察官を呼び、防衛省に連絡するので所属や名前を明かすように告げましたが、それでも口論は収まらず、最終的にはその自衛官が謝罪することでその場は収まったとのこと。

その自衛官の発言によれば、小西議員は謝罪をしたのであれば防衛省には言わないからということで自身の考えを説くとともに、見解の相違があるにせよ一緒に日本の為に頑張りましょうという内容の話をして自衛官の男性を帰したとのことです。

これはそもそも小西議員が集団的自衛権に反対で自衛隊の海外派遣を可能にする法案に反対していた為と思われていますが、この事件をきっかけにして小西議員が過去に自衛隊に関連してツイートした内容が掘り出され、大きな騒ぎとなっているのです。

そのツイート内容がこちら↓

いやあ、これは酷いですね。

自衛隊員が怒るのも無理はありません。

自衛隊員は我々国民を守るために使命感を持って命がけの仕事に従事しているのです。

もし集団的自衛権の名のもとに自衛隊の海外派遣をする事案が発生してもそれは他国を侵略したり、他国の子供を殺傷する為に行くわけではなく、あくまで我が国や同盟国の安全を守るために、脅威となると判断された存在や勢力、国家への軍事行動を同盟国が行う場合に後方支援、つまりサポートを請け負うということでしょうに。

まるで自衛隊が他国に侵略して民間人の子供を殺傷する組織であるかのようなあまりにも無礼で無知で無神経な発言です。

自衛隊がいるからこそ、その力が抑止力となって東アジアの安定にも貢献しているというのに、本当に頭がお花畑の人の考えることは分かりません。

お花畑系の人がよく言う「武器の無い世界を!完全平和を!」とかね、それが理想的なのは誰だってそう思いますよ。

でも現実には全ての国や人々が武器を持たない争わないなんてことはあり得ないわけです。

国家単位だけでなく、普通に個人単位だって、それも平和な日本だってカギをかけずに防犯もせずに部屋のドアを開けっぱなしにしてれば泥棒は入りますし、強盗事件だって発生します。

この平和な日本だって犯罪や暴力は決して無くならないんです。

それが国単位で外国相手になった場合ですよ、日本みたいな裕福な国が丸腰でいたら舐められてやられたい放題ですよ。

現状でさえ領海侵入、固有の領土への侵入や占拠などやられ放題じゃないですか。

「抑止力」はあくまで「抑止力」であって相手に暴力を使わせないための力です。

戦争になってしまっては抑止力の意味は無いんですから、戦争を起こさない為に武力が必要なんでしょうに。

スポンサーリンク

国防の現状だって時代に合わせて常に変化しています。

シンプルに宣戦布告していきなり他国が攻めてくるだけが現在の戦争ではありません。

遠く離れた国や遠く離れた国にいる武装組織が直接的・間接的に我が国や同盟国の脅威になることだってあり得る状況なわけですし、「何かあったらアメリカさん守ってね。アメリカが困った時は我々何も手伝わないけど」では成り立たない状況になっているのは素人だってわかります。

まあね、小西議員の場合は自衛隊を直接敵視したり不要だと言ってるわけではないのはわかります。

専守防衛であるはずの自衛隊が他国に行って同盟国の作戦に加わることに反対しているのでしょう。

実際その後のツイートでは論点を変えて「自衛隊を救わなければならない」という言い方にしています。

「自衛隊を悪く言ってるのではない。安倍政権が悪いのだ」という言い方に直しているのがわかりますね。

それでもね、そもそも海外派遣をさも「侵略行為」のように捉えてイメージ誘導をしてるのはあまりにも浅はかで不適切ですよね。

他国の子供がどうとか言ってますけど、自衛隊は自国の子供を、国民を守るために、それが日本の国防の脅威を取り除くために必要な作戦と判断された場合に後方からの支援やサポートをしにいくということでしょ?

一緒になって空爆したり敵の拠点に攻め込んでドンパチやるわけでは決してありません。

攻撃されたら当然自衛するでしょうがそんなのは当たり前です。

命を張って我が国の安全を守るための作戦に従事してくれるんです。

「頭おかしい」とか「国民の敵だ!」とか言われても仕方ないでしょう。

まとめ

なんといいますか、怒る人がたくさんいるのは分かりますよ。

全く現実が見えていないし、感情論や理想論で国防を語ってるようにしか見えませんし、自衛隊への配慮も欠けています。

消して後で書き直せばいいってもんじゃないでしょ。

ホントに腹が立ちます!

スポンサーリンク

-政治家

Copyright© 芸能ちゃんぷる~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.